家族みんなが食べられる、それが発酵おうちごはんの良いところ。
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
[:ja] 

家族みんなが「美味しいね」と食べられる、それが発酵おうちごはんの良いところだと思っています。
だから、講座の中ではこんなど定番の「豚肉と玉ねぎの甘辛炒め」をいかに、発酵食品を使って美味しく作れるかをお伝えしていたり

お弁当にも大活躍しそうな、鮭フレークを酒粕で作る粕床を使ってふんわり仕上げたり

豆をこどもでも好きな甘辛味にして副菜として出せるかなどなど
日々模索しています。

だって、美味しく食べて、身体もココロも元気になってもらいたい。
腸内環境を整えて、イライラしがちな思春期も、会社帰りで疲れ果ててる旦那さんにも、いつまでも元気でいてほしいおじいちゃんやおばあちゃんにも、健康でいてほしいから。

いかに、美味しく、家庭の負担を減らしつつ続けられるかが大切だと思っています。

そんな想いが伝染しているかのように、生徒様が考案してくれるお料理はどれもご飯に合う(笑)

 

 

明日から、6月の発酵おうちごはん会です。
今から、お会いできること楽しみにしております。

夏場は、発酵おうちごはん式の無添加麺つゆレシピと、とうもろこしの塩麹バター炊き込みごはんがメインです。皆様に、麺つゆのお持ち帰りつき。

これから夏休みが始まる方、夏は麺レシピが増えるわ〜
なんて皆様にぴったりのレッスンです!
意外な!?!?甘酒の活用方法もお伝えしております。

レッスンの内容はこちらから→夏の発酵おうちごはん会[:]

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加