『発酵おうちごはんレシピ』子どもがパクパク食べる家族の発酵食2017夏vol.3
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest


「わたしだけよければいい」
こんな訳にはいかないのが、家族も食べるおうちごはんですね。

家族のために色々、食べることを学んで、家族が喜んで食べてくれてこそ、作り手の喜びではないでしょうか?
2017夏の発酵おうちごはんレシピは、現在子育て真っ最中の「お母さん」が作る家族のためのおうちごはんをお届けします。

リアルに、今、食卓を彩っているご飯の数々です。
子どもがパクパク食べる家族の発酵食2017夏、毎週木曜20:00にレシピをお届けします。

ペッパーランチ風の発酵とうもろこしごはん

材料

(発酵とうもろこしごはん)

お米 ・・・3合

とうもろこし・・・1本

塩麹・・・大3

(ペッパーランチ風)

牛肉薄切り・・・300g

にんにく(みじん切り)・・・1片

無塩バター20g

醤油麹・・・大2〜

ネギ・・・適量

米油・・・大1

黒胡椒・・・お好みで

作り方(発酵とうもろこしごはん)

1、とうもろこしを実と芯に分ける。

2、米をとぎ、塩麹を加え、水を3合まで入れ、とうもろこしの実と芯を上にのせ炊飯する。

作り方(ペッパーランチ風)

1、プレートに油を引いてにんにくを炒める

2、牛肉を炒める

3、牛肉に火が通ったらとうもろこしご飯を入れる

4、全体が混ぜ合わせれたらバターと醤油麹を入れ再度混ぜ合わせる

5、最後にネギと黒胡椒をふって完成

お母さんから一言


一番上の子が、テニスまで帰ってくるまで残り1時間、戻ってきたら「お腹空いたーーー!!!!!」ってなるから、それまでに夕ご飯仕上げないと・・・。
仕事から帰ってきて、椅子に座って休憩なんてしてる暇なし!

そのままの姿で、キッチンにたち、この日は戻ってくるまで時間が足りなかったので、炊飯器の高速モードで炊き上げました(笑)
朝起きてから、ゆっくり一息つけるのは20:00過ぎてから、そこからお風呂に入れて、21:00の寝かしつけで私が先に爆睡な日々です。
そんな中でも、ご飯の美味しいが聞こえてきたら嬉しさが込み上げてきます。

おしゃれなご飯、ゆっくりした夕ご飯の支度ではありませんが、主婦的に役立つ、庶民の食卓をお届けできれば幸いです。

「今日のご飯、何点かな?」

「100点!」

と、100点満点もらえて嬉しかった!!!!

子供が大好きなとうもろこしで、より、家族がパクパク食べるように、お肉と合わせて、家族4人には欠かせないホットプレートを使った発酵おうちごはんです。
ホットプレートだと1度に3合のチャーハンもラクラクで、子供も楽しんでくれます。

家族に欠かせない調理器具の1つ。

命をつなぐ、ごはんの役割

毎日、毎日、家族の為に作るごはんだから、普段の日は豪華よりも、滋養を求めたい。
そんなことを思います。

命をつなぐ、ごはんだからこそ、
「今日も明日も、元気でいられますように。そんな魔法を、言葉と発酵食品」で家族にかけたいな。

今回のレシピ作成お母さん

発酵おうちごはんアシスタントのゆいさん。(実は妹笑)
絶賛子育て中の2児のママです。

私が教えてあげた、塩麹、醤油麹などの自家製発酵食品を使って、レッスンでお伝えしていたとうもろこしご飯を、さらに家に帰って、リアルな家族ご飯に変身させて、子供たちの美味しいを日々研究中です。

こんな、アイデアあったんだーーー!
あぁ、ちゃんとりんりん食べてるし!

子供たちに人気なのはこんな味なんだぁっと私自身勉強させてもらってます。


よくやるよね。人形に食べさすの(笑)


隠し撮りしていたら、やっぱり食べてる時は笑顔なんだぁ。


本日のベストショット!

子供受け間違いなしの、とうもろこしご飯とお肉、バター、醤油麹の組み合わせ。
ぜひ、旬のうちにお試しくださいね。

みんなで、今週このレシピを作ってみて、ぜひinstagramでつくレポしてもらえると嬉しいです。
ハッシュタグは#発酵おうちごはん 。
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加