基本のものが増えてくると、心と体を想う献立が立てられる。
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

基本の出汁、手作りの発酵調味料、本物の発酵食品、食材の扱い方など
基本が増えていくと、ココロとカラダを思って献立が立てられるようになってくる。

”おうちごはん”にこだわった教室だから、”基本”を学んだらそれを元にした応用力を身につけてもらっています。
まず、簡単なものから作れるようになったら、食材を変えて味を楽しもう。

基本の炒めもの、基本の出汁活用などおうちで役立つがぎゅっと詰まっています

 

手作りの発酵調味料で作る豚肉の甘辛炒め。豚肉と玉ねぎの炒めものは、お弁当に、夕ご飯にと役立ちレシピの1つです。
いつでもスーパーで買えるもの、いつでも手に入る家にある黄金組み合わせを手作りの発酵調味料を使って、美味しさ倍増で作りました。

発酵ストックがあれば味付けに悩まずに、美味しいを作れちゃう、そして自然の旨味で無添加で仕上がります。

冷めても美味しいのは、麹の力のおかげです。

酒粕のイメージもガラリと変わる、とっておきの酒粕を使う方法

粕汁なんて飲んだの記憶に残ってない、小さな時は苦手だった・・・こんな方が私のレッスンではほとんどです。
でもあら不思議「酒粕のイメージが変わった!!」と驚いてくださります。

毎日の暮らしに取り入れるために、
通常の粕床も現代の忙しい女性が使いやすいようにアレンジを加えました。

ビニール袋の中で完結、魚を取り入れるハードルをうんっと下げる鮭フレークなど小さなお子様でも食べやすいように工夫をしてレシピに仕上げています。

みんなで食卓を囲んでいただきます

発酵ストックやタレを活用したその場でささっと仕上げた主菜ばかりの献立レッスンです。
3回目の発酵おうちごはん講座は副菜中心のレッスンなので、4回目は主菜について、そして5回目はお魚と寿司に突入です。

今からとってもワクワク!

 

4月からの発酵おうちごはん講座日程は
こちらからご確認いただけます。

4月からの発酵おうちごはん講座
http://yamaguchi-insyoku.com/course/fermentedhomecuisine/

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加