《レシピ》お弁当の彩にもキレイ!とうもろこしご飯
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

DSC06055

ぐんぐん伸びるとうもろこし。これが食卓にのぼるだけで、夏が来たなぁなんて思っちゃいます。
まずは、茹でてがぶ!焼いてがぶ!揚げてサクッ!そしてご飯と一緒に炊いてハフッ!

どれも美味しいので、調理法に迷っていますね(笑)
我が家は、主人がそのままのとうもろこしをかじって食べるのが・・・好きじゃないレアな人なので炊いてハフッでいただきました。

お弁当の彩にも良いので、とうもろこしごはんを炊いたときは手抜きおかずを詰めちゃいましょう(笑)

とうもろこしご飯の作り方

材料

米・・・2合

塩・・・小さじ1,1/4(自然塩はマイルドなので普通の精製塩より多めにしています。食卓塩などの精製塩の場合は控えめに小さじ1)

日本酒・・・大さじ1

とうもろこし・・・1本

作り方

1.とうもろこしの皮をむき、5cmくらいの輪切りにし、実と芯を縦に包丁を入れ削ぐような感じで外す。

2.米を研ぎ、30分~1時間浸水させる。塩を加えやさしく混ぜ塩を溶かす。(ここで塩をしっかり溶かしてないと、しょっぱい部分が出てきます)

3.日本酒を加え、最後にとうもろこしの実と芯をのせ炊飯する。炊き上がったら芯を除き、混ぜて蒸らす。

とうもろこしの芯って驚くほど良い出汁がでます。炊き立ての蓋を開けたときにぷ~んと漂うあの香りは今の時期のごちそうです。

お弁当のおにぎりにする場合はこれをプラスでさらにおいしさUP

お弁当を作っている方におススメ♪お子様にもさらに食べやすくなるあの食材をプラス♪

レシピにもち米を大さじ1~2ほど、プラスすると。お弁当などのおにぎり向けレシピになります。
もちもち食感がプラスされてお子様も大好きな食感に。

色見を並べてみると

DSC06066

赤、黄、緑が並ぶだけで、一気に初夏感が~。食卓で季節を感じましょう。
自然界の色をテーブルに添えることの大切さをいつも自然から教えてもらってます。

些細なことだけど、小さなお子様や、いつも頑張って働いてくれる旦那様、いつも傍で元気つけてくれる彼に感謝の気持ちを込めて、季節の色をのせたテーブルをプレゼントしてあげよう♪

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加