米粉で作る発酵おうちおやつ講座の内容が決まりました!
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

おうちの中での、おやつ問題をどうにかしたい。

食べたらダメなものってないけれど、できることなら材料がシンプルなもので内容がわかるものを暮らしのおやつには出してあげたい。
そんなことを思います。

・時間がない

・仕事で忙しい

・自分で作るのとか大変そう

そんな声を、どうにかできないかなぁ。
ホットケーキミックスでいろんなおやつができるように、自分で粉を合わせて美味しいが作れたらいいですよね。

シンプルにこんな想いで作ってみました。

ここまでの中で、全くお菓子には無知な普通の主婦の山口でしたが・・・
とっても素敵な米粉お菓子の先生(comeconoco laboratory)に出会い、米粉の性質について教えてもらい「日本の食材でおうちおやつを作りたい」こんなことが形になってきました。
とっても上手なので、お菓子が上手になりたい方はぜひ大阪のスタジオまで行ってくださいね。

教室業(お菓子も料理も含めて)の中で、1番素敵な先生で教室だと思っています。学ぶことがたくさんあります。出会えて本当によかったです!!!どこで聞かれても同じ答えですが、ぜひ米粉についてパティシエさんのようにお菓子作りが上手になりたい方は行った方がいい教室です。

comeconoco laboratory http://ameblo.jp/comeconoco-lab/


決して小麦がダメっていうことではなくて、米でも美味しいものが作れて「選択」できるようになればいいなと思っています。

なぜかって??

やっぱり、それは「発酵」への愛です。はい、それだけ。

日本の、稲穂文化や発酵文化を次世代につなぎたいを願う、普通の主婦の願いです。

もうすでに小麦で美味しいものって山のようにある、

世界中でアレルギーが増加する一方で、腸内環境を改善することに希望をみつけています。
学べば学ぶほど、お腹って大事やなぁっと。

そして、その可能性を持ってるものの1つが「発酵食品」でもあるから。
その発酵の源は、お米なのですよーー。

なので、これを食べてみんなに美しくなってもらいたいなんてこれっぽっちも思ってなくて(笑)

ただ、ただ

お米でも美味しいものが作れて「選択」できるようになればいいなと思っています。

自分の子供ができれば、時間があるときは手作りで、友達が遊びにきたらお菓子を出してもあげたい。
こんな小さなときからの、理想のお母さん像は消えません。

今の私は、そこに少しだけ「体に優しい」と「食文化を伝えてあげる」をプラスしたいって思っています。
こんな年齢になっても、理想のお母さんをできる範囲でいいから追い続けたいな。

すごーーく、長くなりました(笑)

米粉で作る発酵おうちおやつベーシック講座カリキュラム

発酵おうちおやつベーシック講座の詳細はこちら→発酵おうちおやつベーシックカリキュラム 全3回 (3)
少しだけカリキュラム変更させていただきました(メニューが少し増えました。8/7日)

日程

(火曜日コース1期生)

10月17日、24日、31日

(火曜日コース2期生)

11月14日、21日、28日

(短期集中コース3期生)

11月22日(水)23日(木・祝日)

人数

各コース 8名様

時間

10:00〜13:00

短期集中講座は10:00〜15:00を予定しています。

持ち物

エプロン、ふきん、初回だけ塩麹用のタッパー500ml入る瓶をお持ちください

料金

48000円(税別)

銀行口座に事前のお振込でお願いしております。
申込時にお伝えいたします。

募集日時

8月8日(火曜)20:00にライン@よりリンクをお届けします。
こちらには20:10リンクを設置いたします。

発酵おうちおやつのこれから

おうちの中のお菓子問題をどうにかしたいから、主婦のみんなの力が必要だって思っています。
ベーシックでは、お菓子の型もいらないものばかりからスタート!
なぜかって言うと、私は、もうすでにお菓子作りをしている方より、お菓子はいつも買うけど作らない方たちに知ってもらいたい。

だから、昔から馴染みのあるお菓子のオンパレードです。手で丸めて作れればお子様と一緒に作れて「作る時間」が記憶に残るタカラモノになるはず。そんな部分から「台所」って楽しい、自分の居場所の軸ができるから。

ベーシックの上の講座では米を発酵させて作る、米粉パンも入れ込みたいと思っています。少しだけ今より上級編へ向かいます。そしてその先は、それを伝えていきたいそんな女性たちが小さな教室を作ることを応援したいなぁ。

私も、まだまだ「発酵と米粉」の世界を進み始めたばかり、

1人じゃ、何にもできないから。
1人じゃ、何も変わらないから。

「一人からみんなへ」そんな料理やお菓子の世界を作りたいって思っています。
学校の数ほど、みんなの街に、米粉で美味しいを選択できる、発酵でおうちごはんも作れる、そんな場所ができることを夢みて。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加