豚肉、鶏肉大集合! 発酵おうちごはんで旨い発酵肉つまみ 「今夜のビールのお供にぜひ!おうちで簡単エスニック風チキンのオーブン焼き」vol.3
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
[:ja]豚肉、鶏肉大集合!
発酵おうちごはんで旨い肉つまみをテーマに7週に渡ってお届けいたします。

1週目のレシピはこちらから→フライパンで簡単に!発酵タンドリーチキン
2週目のレシピはこちらから→夏バテにさっぱり!発酵ハニージンジャーソテー

今週のレシピは、今週のレシピは、鶏むね肉をつかった和風ベースの発酵おうちエスニック肉おつまみのご紹介です。

おうちで簡単エスニック風チキンのオーブン焼き

 

材料(2人前)

  • 鶏むね肉(観音開き)・・・1枚(250g)
  • ミニトマト(くし形切りをさらに半分にする)・・・3〜4個

【発酵エスニック漬けダレ】

  • ニンニク(薄切り)・・・1片
  • 甘酒・・・大さじ1
  • 醤油・・・大さじ1/2
  • 魚醤・・・大さじ1(*ナンプラーでも代用可能です)
  • 本みりん・・・大さじ1/2
  • 米酢・・・・・大さじ1
  • 豆板醤・・・小さじ2

【トッピング】

  • すだち・・・1/2個
  • 玉ねぎ(薄切り)・・・1個
  • 大葉(細切り)・・・2枚

作り方

  1. あらかじめ混ぜ合わせた漬けダレに、鶏むね肉とミニトマトをビニール袋に入れ、冷蔵庫で一晩漬け込む。(時間がない場合は1時間漬け込んでいただければ大丈夫です)
  2. 1をクッキングシートの上に置く。その際にフォークで鶏の皮のほうを何箇所か刺しておき、漬けダレも全てシートの上に流す。その上からごま油(分量外)をかける。
  3. 200度で予熱していたオーブンで15〜20分程様子を見ながら焼く。
  4. お皿の上に玉ねぎをたっぷりしき、その上に3を乗せ、仕上げにすだちをかければ完成です。

本日のレシピ担当

 

・ 、 2018.8.18 カナッペに使用したバケットは 友達が焼いている #14g ( @14g_staff )のものを。 小ぶりできゅっとしまったバケットで、 どんなものに合わせても美味しい、!! なっちゃんありがとう〜 また今回カナッペを乗せた木台は、 @ivory_plus さんから譲ってもらった桜の木を ヤスリで磨いて作ったオリジナル◎ 素敵に仕上がりました。 ありがとうございます🌿 +本日のメニュー ・発酵カナッペ3種 ○醤油麹漬け玉子 ー特製しょう油麹ドレッシング ○徳島県産桃とモッツァレラのカプレーゼ風 ○発酵ラタトゥイユ ー山椒と自家製カッテージチーズ ・ピンチョス ○自家製甘酒のピクルス ー徳島県産レンコンときゅうり、北海道産パプリカ、うずら ・デザート ○自家製梅シロップのひんやりゼリー ー今年とれた神山の無農薬青梅をつかってます ・ドリンク ○自家製スパイスレモンジンジャーエール ○自家製すももミントソーダ お粗末様でした ・ ・ #nonbiriokai #nonbiri_okai #nonbiriacolive #nonbiri_acolive

どんぐりと山猫|haruna yoshiokaさん(@donguri_yamaneko)がシェアした投稿 –

 

詳しいプロフィールはこちら→プロフィール 

 

石川県の能登地方では、「いしる」と呼ばれるイワシやイカから造られる自然熟成調味料である魚醤油が有名なんです◯

普通の醤油と違って、獲れたての新鮮な原料に塩を層状に重ね、約6ヶ月~8ヶ月間かけて熟成して造られるので、独特の風味が醸し出されています。

今回はナンプラーの代わりにイカで造られた魚醤を使って、私の大好きなエスニック風味の簡単に作られる発酵おうち肉おつまみレシピに仕上げました。

しっかり味がしみこんだ、甘辛さっぱり味の鶏むね肉にすだちをタラ〜っとかけるだけで、今夜のビールのお供に大変身!!
また、トッピングにパクチーなどの香菜を加えるのもオススメです◎

お酒好きの私には堪らない肉おつまみになりました♩
ぜひこの夏作ってみてください!

 

 [:]

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加