美味しくて体に良い発酵おうちごはんで、家族の食卓を変えていこう。
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

発酵おうちごはんがもっともっと楽しくなる。「帰ったらすぐに作りたい!」
そんな言葉がたくさん飛び交いました。

味の作り方、手作りの発酵調味料の持ってる食材と料理の効果がよくわかる3回目、4回目。
今週は平日コースの3回目と短期集中の3回目、4回目が終わりました。

甘酒を料理に使うために必要なこと

3回目のレッスンでは、甘酒について知識を深めていきます。
甘酒を作れるようになったら、料理にも使えるようになりたいですよね。
そのために、まず知っておきたいおきたい甘酒の種類について、味や香り、作り方の特徴などをみんなで学んでいきました。

 

発酵おうちごはん料理教室では、発酵を毎日のおうちごはんに取り入れるために必要な料理の知識を
どこの教室よりも「わかりやすく、実験のように」お伝えしている(と思っています笑)

甘酒を料理に取り入れるために知っておきたい「甘さの質」についても、味見と実験を繰り返しお伝えしています。

「応用力」をつけるためには、たくさん体験・経験を繰り返して味の比率を見つけて行くことが大事なのです。

 

和え物のハードルを下げると、あなたの野菜レシピは増える

 

「和える」の固定概念を外していきましょう。和え物の基本的な考え方、味の仕組みをお伝えすると、不思議なものであれよあれよと「あ、和え物って簡単」とみんななっていくから不思議です。

最後には、その場であるものでパパッと手作りの発酵調味料を使ってオリジナル和え物が出来上がります。
その時間30分、クックパッドも見ずにレシピ検索もせずに「美味しい」が作れちゃう。

天然の旨味が詰まった発酵食品には「調味料を減らして美味しい」「時短で美味しい」を叶えてくれる魔法の味が入っています。

甘酒や手作り味噌を使った基本の白和え、まずはアレンジよりも「定番」を作れるようになろう。ほうれん草のおかか和えも毎日でも食べたいほっとする味です。

昨日の3回目では、豆の美味しさに皆様驚いていました。
私の所に来てくださる女性の多くは、豆を普段から食べるような料理上級者ではなく、みんなそんな習慣をつけたいなぁっと思ってくださる女性たちがほとんどです。

改めて食材の持ってる味や、シンプルな調理法、ナチュラルな味に「美味しい」と感じているはずです。
揚げ物をするときのPOINTなどもお伝えさせていただいております。

家なので「少ない油で揚げ物が終わったらいいなぁ」こんな私ですが、きっとここに来てくださる女性たちも同じじゃないかなぁ。

発酵食品で作る味のバリエーション

3回目が主に副菜レシピをギュギュッと詰め込んだ会で、4回目の会が主菜レシピを詰め込んだ会になっています。
一体、何品作るのだろう・・・と言うような、タレや発酵ストックの味の素、それらを活用したレシピ。

出汁を活用した合わせ出汁では、八方出汁、南蛮酢、
醤油麹を活用した調味料では、炒め物にぴったりな甘辛タレ、丼タレ、肉味噌ストックなど
酒粕を利用したストックでは、酒粕ペースト、粕床など
まだまだ、書き出すとキリがありません(笑)

これらを活用してこの日の料理は10品くらいずらりと食べてもらいます。
そして料理を通して、またまた実験をしています。実は、作りおきには注意しなければいけない食材の組み合わせなどもあり
「彼氏の夜ご飯に作りおきしようと思っても、作り置きに向かないそんな食材も入れながら、みんなで実験をしました」
そうすると、見事に実験大成功で目で見てわかる「手作りの発酵食品」の威力を感じてもらいましたよ〜。

 

甘酒を料理に使ってみます!こんな風に思ってくださってありがとうございます。

 

絶品タレでおうちごはんがあっという間に美味しくヘルシーに仕上がります

お越しいただきありがとうございました

赤いエプロンは、山口飲食の漬物担当、富味先生です。
今日は、麹漬け大根、ぽりぽり大根漬けを持って来てくれて土日コースの生徒さまたちに「美味しい、どうやって作るのですか??」と聞かれて嬉しかったようです(笑)

栄養士、調理師、保育園の乳児食担当歴も長く、子どもの乳児食でお困りの方、お子様のご飯でお困りの方
味付けのレパートリーはたくさんあるのでお気軽に聞いてくださいね。

スタッフのみんなも楽しくわいわい、レッスンを盛り上げてくれています。

バレンタインということもあり、2月の発酵おうちごはんでは米粉の酒粕ガトーショコラを皆様のおやつにしてみました〜。

また、次回もお会いできること楽しみにしております。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加