料理教室の作り方「自分で作り出す力を身につける。それが続いていく秘訣」
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

7回目のインストラクターコースになりました。
今回は、みんなが考えてきた1dayレッスンのプレゼンと、発酵の効果効能で深い知識を学び、どう生徒様に伝えていくかをまとめて、線を引いて、自分で説明できるようにすることがメインのレッスンでした。

自分で作り出す力を身につける

同じ「発酵」を伝えるのでも、人によってこんな人に伝えたい。
こんなことを伝えたいって違うものだって思っています。

好きな発酵を、料理を、自分らしく伝えていく力を身につけていく力ってどうすればつくのでしょうか?

それは、やっぱり
0から1を作るサイクルを身につけることだって思っています。

0から自分で考えていくと、苦しいけど、その中で
どんなことをしたいのか、何ができるのか、とことん自分と向き合うことができます。

それを超えれた時に、人に伝わるものができるって思っています。

熱意溢れる人じゃないと、その先は続かないし
今まで仕事柄、「先生たち」を多くみてきました。

どの時代も、どんな場所でも、「熱意溢れる」先生たちの周りには多くの生徒様で溢れかえっていました。

オブラードに包んで伝えましょうか?


「オブラードに包んでお伝えしましょうか?」
私の開口一番はだいたいこれから始まります(笑)

そうすると、生徒さまは100%「はっきり言ってください」と言います。
誰でも人は正直に、ズバッと言われたいものです。
本気でやってるものなら、なおさら。

私もそう、オブラードに包んで欲しくない。


「いくら学んでも、何も発信しないと、誰もみつけてくれません」

「ブログにハードルを高いって思わないで、これを書いて、これも書けるし、今日のだって書ける。
ハードルを自分で高くしないで、いきなりなんでもできました!って人よりも、汗水流していきましょう」

完璧じゃないと、すごい人じゃないと
時間があれば、忙しくて、

書かない理由はいくらでも言えるけど、書く理由を言える人は誰だって少ないのです。
だったら、私は、みんなのやるハードルをどんどん下げて、人生を変えていきたい。

だから、「メモ用紙の人生から、ちゃんと考えをまとめていきましょう」
(きっと、昨日のインストラクターの人たちはこの言葉の意味がわかるはず笑)

自分からまずは、与えられる人になりましょう。

最初に比べれば、すごいミラクルが起きている。


SNSってどうするの?何もしてません。
そう言ってる生徒様があっという間に500人を超えてinstagramでフォロワーさんが増えたり、ブログをはじめたりした。
具体的な場所も、時も決まった。

8ヶ月前、1dayレッスンに来てくれた生徒様。
朝の習慣を変えたい、仕事でボロボロだったけど
今では、自分でブログもインスタも立ち上げ、外部のライターとしてのチャンスも掴んだ。
「変わりたい」を自分自身で実践し続けてる。
レッスンの内容も定まった、時も。3回コースまで決まりそう。

明確な夢に向かって進み始めた。
計画を立てて、時間を有効活用し、発信する世界観も最高に素敵になっている。
レッスンの内容も決まった、新しいアイデアもどんどん出て来てる。
自分のセレクトした雑貨やもの、発酵料理、家族との時間、畑作業、幸せオーラが出まくってます。
まずは直近のレッスン、頑張ってください!!

自分をとことん大切にする。
そんなセルフケアを取り入れて、ご飯を一緒にお伝えしたい。
都会だから悩む、暮らし方を鋭くついて、栄養士の知識も活かして発酵と、セイルケアを中心にしたレッスンを作りたい!
まずは、「自分をとことん大事にすること」こんなことに向かって進んでいく。
そしてレッスンも最高に癒されそうなものを考案してくれました。

みんな絶対できる。
あとは、

「やれるかなぁ」

「できるかなぁ」

こんな「かなぁ」から「する」に自分を変えるだけ。

レッスン後には、エプロンの受注会や、みんなの写真を撮って大盛り上がりでした。
笑いあり、感動あり、そんな人の成長がとても嬉しい。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加