『自分の作り出すものを大切な人に食べてもらうために努力できるかどうか』これができるかどうかって本当に大事です。
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
[:ja]今月中に夏までの講座・レッスン日程アップします。
久しぶりのインストラクター講座も開催予定です。

夜、おこめちゃんを寝かしつけながら
「今日も元気で生きてくれてありがとう」と毎日伝えています。

仕事に行くときも
『今日も1日一緒に頑張ろうね!大好き」と親バカ全開なのですが・・

今日と同じように笑顔で
“明日会えるかどうかの保証はどこにもない”と思っているので
やっぱり、毎日素直に思っていることは伝えよう
そんな風に思い、親バカ全開ですが伝えています。



こんな前振りですが、インストラクターを募集するに当たって
同じように、「伝えることを大切にできる」人たちが集まればいいなぁっと思っています。
そして、「料理を大切にできる」人たち。

料理ができないと・得意じゃないと・・・と思う方が多いと思うのですが
私は、それだけではないと思っています。

まず大前提として「作ることが好きであること」そして

大事なのは

「料理が上手になりたい」と思い、毎日練習できるかどうか

「料理で人を幸せにしたい」と思い、毎日家族に食べてもらうかどうか

毎日作る手料理で、「こどもに健やかに育ってほしい」

この3つってとても似てると思うんです、『自分の作り出すものを大切な人に食べてもらうために努力できるかどうか』
これができるかどうかって本当に大事です。

なので、料理ができないと・得意じゃないとの前に、これができるかどうかです。

自分中心の人生から、「大切な人のために自分の力を発揮する」ことは料理教室を開くために
大事なスキルだなあっと思います。そして「素直に伝える」ことができること。

ついつい、大人になると
今までいろんな経験をしてきて
なかなか自分の思いを伝えること蓋をしてきた人も多いと思います。

「私はこう思う」
「私の大切なことはこれ」

とすぐに言える人は少ないですよね?

けれど、これって「動いている過程」の中で見えてくるものなので
最初から、自分流のようなものを表現できなくても大丈夫だと思っています。
それより、大事なのは「動いている過程」で見えてくるものなので、「動けるかどうか」なのです。
つまり、素直に行動してみるかどうかということ。

子育てと似ているなぁっと思うのですが
最初から、「子どもが泣いた時は私は抱っこすることが大切」と言い行動しても
あれ!?オムツだったのか、あれ!?歩いて欲しかったのか・・・
などなど、自分のこう思うからずれまくりですよね(笑)

その都度、お母さんは
抱っこでもダメなら、歩いてみよう、歩いてもダメならおっぱいあげてみよう

あれ、あれ、おっぱいでもだめ!?
ベロベロバー!なんか訳のわかならい歌を自作して、とにかくなんでも歌う
ええーー!それでもだめ!?
なら、散歩いこいこ!

なんて具合に、必死に次の手を考えますね(笑)※これらの状況は今の私です笑

そして、こどもが元気で楽しそうな顔をみると髪を振り乱し、自分はヨレヨレ
そんな状況の中でも、「あぁ、可愛い!笑った!」なんて喜んでくれることに喜びを感じる。

これらの一連の流れは、
「動いている過程」の中で見えてくるものなので
最初から、自分流のようなものを表現できなくても大丈夫だと思っています。

長くなりましたが、
3月中に夏までの講座・レッスンの日程をアップできるように頑張ります!
次のレッスンはいつですか?とお問い合わせをたくさんいただき
ありがとうございます。

夏までの講座・レッスンを考えながら
やっぱり私は山口飲食にきてくれた人を発酵おうちごはんで幸せにしたい!!
その想いが、料理教室をする原動力だなぁっと思います。[:]

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加