料理を仕事にするために大切なことvol.2
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

3月の毎週木曜発信のライン@では
「料理を仕事にしたい」女子の悩めるマインドをお助けするブログ記事です。

発酵おうちごはんについてはこちらから過去の記事を確認できます
前回の1回目の記事はこちらからご確認ください。

こころと体、心と表情は表裏一体


なんだか、辛いことや苦しことがあると体調がイマイチなように。
心と体って表裏一体だって思いませんか?

そして、心と表情も表裏一体です。

楽しい時は、笑顔が自然と出るけれど。

イマイチな時は、笑うことや、微笑むことも忘れて無表情のまま。

料理を仕事にするために大切なこと=笑顔

当たり前だけど・・・って思いがちですが、笑顔忘れてる人が多い。
ついつい、考え事してる時や、思い悩んでる時の自分の表情ってチェックしてみるといいですよ〜!

楽しい想いや、楽しい雰囲気は伝染する

私なんてまだまだのひよっこですが、私の周りで料理を仕事にしている人で「笑顔」のない人っていないんです。
どんな困難が来ても、どんなに頭を使っても、どんなにドキドキするようなことが起きても

「ワハハーー!」「いいねーー!」「やってみよーー」「これしたらどうだろう?」「みんなを笑顔にしちゃおうよー」

と、びっくりするくらい笑顔なんです。そんな笑顔ってどんどん人を巻き込んで楽しくしちゃう、ハッピーハリケーンのよう。

なので、たかが笑顔、されど笑顔ですが、

笑顔を大事にする精神でいることが大事って話。

キレイじゃないもの私、そんなことって「魅力」じゃない

綺麗じゃないもん。私。
自分の顔ってなんだか苦手なの。

かくゆう私もそうでした。
でもね、そうも言ってられないような「自分」を出すことが始まると、料理を仕事にすることがうんっとうまく回ります。

誰が先生がわからない教室に行くのと、誰が先生かわかる教室に行くのって「安心感」が違うでしょ?

外にばかり意識が向いてると、「自分の顔」に自信がない。「キレイじゃないと」載せるのなんて・・・、と思いがちですが。
料理を仕事にするために必要なことって、「外見の美しさ」じゃないですよね?

むしろ、その人の人柄がわかるような、そんな笑顔の方が大事だって思います。

魅力は見てくれる人がそれぞれ判断することであるし、生き方や働き方って表情に出るから。

「私、ちゃんと好きな仕事してる」「私、それに向かってもう進んでる」

そう思う、あなたの表情はもうそれで十分、うつくしいのです。

もっといろんなテクニックが知れると思ったんだけどなぁ


今月のテーマは、「料理を仕事にしたい」女子の悩めるマインドをお助けするブログ記事です。

テクニックだけが先行するよりも、些細なことや、まずは内側の土台を固めることをお勧めします。
好きを仕事にするために、大事なことってテクニックも大事、金銭感覚も大事、文章力も大事。

でもね一番大事な部分って「あなたの柄」です。つまり人柄ということでしょうか。

どんなものを見て、どう感じる。私はこう感じるから、こう表現する。こう切り取る。こう思う。
だから、素直にそれを表現する。

そんなあなた自身の感性や、表現力、自分を大事にする力=マインドなんだって思います。
それって、外に求めるものでもなくて、内側に眠ってるものだから。

本当に、笑顔の美しい人ってみんな成功してるの。
自分の本心からの笑顔を磨けば磨くほど、「素直」に行動するに繋がるからね。そしてそれが豊かさを生む。

今週は是非「笑顔」を大事にする。
ぜひ、鏡でじっくり自分の笑顔を見たり、写真を撮ったりしてみてくださいね。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加