“18cmの大きなプリン”で3時のおやつ
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
[:ja]18cmホールでじっくり焼いた
大きなプリンをおやつに焼いてみました。

目指すは「昔ながらの少し硬いプリン」
小さく焼いてみようかなぁと思ったのですが
やっぱり、なんだか特別なプリンにしてみたかったので
18cmのホールにドンっと入れて焼いてみました

幸せを買っている

よく講座の中でも言うのですが

「お金を出して買っている、甘いお菓子やおやつにケーキは
幸せを買っていると思うのです」

きっと、私は
「ケーキが体に悪い」と言われても、一生やめられないと思います(笑)

だって、幸せを買っていると思っているから。

なんでも食べ過ぎはよくないと思いますが
ほどほどに楽しむ嗜好品として幸せを感じたいと思っています。

その代わり、毎日のように食べる家庭のおやつは
ごはんの延長線のような素朴なものや、旬の食材で
「美味しいと感じる味覚を育ててあげたい」と思っています。

と言っても、どんなものもバランスが大切だと思うので
素朴なもの、しっかり味のもの、とっても甘いもの、じんわり優しいもの
偏り過ぎてもつまらないし、
自分の軸がなかったらブレていくし
何事もバランスバランス

とろりんプリンで思わずにっこり

とろりんプリンの食感は
食べた人を笑顔にする。

少し和風な
甘酒とかぼちゃのプリンに、甘酒あんこ、お豆腐白玉をのせて

大きな大きなプリンを切って
たっぷりのカラメルソースに卵が薫るしっかりプリン

まずは3回続けて作ってみる

最近だと東京レッスンや、発酵おうちおやつクリエイター講座の中で言っていた
「まずは2週間続けてみよう」、「まずは3回繰り返し作ってみよう」

どんなことも
楽しみながら作れる方法を見つけると作ることが身に付くと思います。

覚えてるうちにまずは2週間続けてみる
感覚を覚えてるうちに3回繰り返し作ってみる

頭で考えるよりも、手を動かし体で覚えた方が
お料理やおやつ作りは上達するもの。

この春、覚えた新しいレシピを
3回は作りたいものですね。

と言うことで、大きなプリンを3回は作って
プリン大好きな夫(毎日おやつを食べてる大の甘党くんです)を笑顔にしたいと思います。

 [:]

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加