冬に買った酒粕、冷蔵庫の中で余ってませんか?おすすめ保存方法、ストックレシピ
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
[:ja]

冬の定番酒粕、買ったはいいけど冷蔵庫で余ってませんか?

冬といえば、酒粕を使った料理が美味しいですね。
今年は「酒粕」にチャレンジ!
という方も多かったのではないでしょうか?

しかし、「冷蔵庫で眠ってる・・・」
という方も多いはず。
ということで、今日は冷蔵庫の酒粕救出しましょう。

酒粕の保存方法

酒粕の保存・・・いつまで?
どうしたらいいの?
と悩みながら、いつのまにか冷蔵庫の奥底で眠っていませんか?

冷蔵庫の中の匂いが気になるさんは
冷凍庫の中で保存がおすすめ!

新酒を搾ったばかりのフレッシュな酒粕は
小分けにしてラップで包んで冷凍保存しましょう。
フレッシュな風味を保ちながら約1年美味しく召し上がっていただきます。
使いたいときに冷凍庫からそのまま出して使うことができます。

酒粕の香りが大好きさんは
熟成酒粕にするのもおすすめです。

購入した酒粕をラップで包み、保存容器に入れて常温で約1年
茶色に変色した熟成酒粕の出来上がりです。

調味料としてスープにちょい足し、炒め物にちょい足しなどできますよ。
酒粕の香り増しで、熟成!!!っという風味になります(笑)

私は、お酒があまり飲めないので・・
フレッシュ感の酒粕で料理をするのが好きなので冷凍保存をしてフレッシュ感を
楽しんでいます。

酒粕で塩麹のような調味料が作れる「塩酒粕」

塩麹を作るように
酒粕でも塩酒粕を作ることができます。
この塩酒粕のいいとことは

「発酵させなくてもすぐに使える」というところ!
なので、発酵はじめてさんでも
作ったらすぐに使えるので、便利ですよ。

塩酒粕の作り方

材料

  • 酒粕・・・50g
  • 水・・・50g
  • 塩・・・12g
  • 本みりん・・大さじ1/2
  • はちみつ・・小さじ1/2

作り方

  1. 全ての材料をミキサーに入れて滑らかになるまで混ぜる。
    (ミキサーがない人は、ボウルに入れて酒粕が柔らかくなったら泡立て器で混ぜる)

塩酒粕のレシピはこちらから

塩酒粕の唐揚げはこちらから
小さなお子様をはじめ、家族みんなに愛される発酵唐揚げができます。
ぜひ、塩麹のように使える、塩酒粕をこの春は楽しんでくださいね。

お弁当用に漬け込んで小分けにして冷凍(冷凍で1ヶ月保存可能)できます。

以前、NHKで放送されたものになります。ぜひ、酒粕が余ってる方は作ってみてくださいね。
http://www.nhk.or.jp/matsuyama-blog/hirukuro/etc/288981.html[:]

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加