レシピには書かれていない。料理上手へのステップ④~旨味が逃げる魚介の洗い方には要注意~
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest

DSC06808
食材の旨味も、洗い方でうんっと変わるんだよ。
せっかくの、食材のおいしいところが水に流れていったら、なんだか悲しい。

今週の木曜日、レシピに書かれていない。料理上手へのステップ④はそんな魚介の洗い方についてお届けします。

一番悩む、魚介類の洗い方をまとめてみました

魚といっても、切り身と一尾がありますよね。

まず、一尾は洗っても旨味がにげません。むしろ、水を使いながら、さばきます。
切り身魚は、(三枚におろしたもの、切った状態のもの)は洗うと旨味が逃げ、水っぽくなってしまいます。なので、洗わないようにね。

えび、いか、たこはどうする??

まず、刺身用でうられているものに関しては、旨味が逃げるので洗いません。
加熱用ならならさっと洗っても大丈夫。

その中でも、むきエビ。あれ、なんだか一番困る。そして洗いたい欲にかられますよね~。だって、ぬめっとしてるんだもん。
そうそう、その場合は片栗粉をまぶして洗うと、ぬめりがとれちゃうんです。

むきエビはスーパーで手に入りやすい食材で、魚介類にチャレンジしたいなぁと思う方にとって、はじめの1歩になる食材ですね。
ぜひ、覚えておいてください。

むきエビは片栗粉で洗うって。

saki-yamaguchi-food-portrait-2015-2

貝には塩と覚えましょう

あさりの酒蒸しとかめちゃくちゃ美味しいじゃないですか。そんなのをささっと食卓に出すと、彼も大喜びに違いない!

まず、刺身用の貝(小柱、青柳、赤貝)
薄い塩水でさっと洗っても大丈夫です!なんだか、貝って心配だなぁっという方は塩水でさっと洗った方が安心です。

貝といえばの牡蠣。
塩をふってもみ洗い➡塩水または水でよく洗うとあくが取れて美味しくなります。

殻付きのあさりや、しじみ。
殻をこすりあわせて水の中で洗うと、ぬめりが取れちゃいます!

書き終わって、読み返すと地味だ・・・・
なんだか、書いてみると地味ですが(笑)
こういう、些細なことの積み重ねが大切な人と食べるテーブルの「おいしいね」を作ります。

ここからは、これから彼氏が欲しいなぁと思う方が読んでみてくださいね。

DSC07082

まず、料理ってあなたにとってどんな意味があると思いますか?

私は、自分が生きていくためでもありますが、やっぱり大切な人の身体も心も思いやるものだと思っています。

でもね、ちょっと考えて下さい。
毎日、顔を合わす自分という存在を大切にできていないと、やっぱり相手も幸せにはできないんじゃないかなって思うんです。

料理が上手だからえらい、すごいなんてちっとも思わない。
それよりは、冷蔵庫の中の残りものでぱぱっと美味しく作れる女性になりたい。

暮らすとこって、毎日がパーティーの連続じゃないから。シンプルにヘルシーに生きている時間の方が長いんですよね。

自分を大切にするってどんなこと?

ストレスをためずに、日々を送ること。
バランスのとれた食事をいただくこと。
おもいっきり笑うこと。
自分に素直に生きること。
無理しないこと。
がんばりすぎないこと。
ため込みすぎないこと。
自然とともに、季節とともに生きること。
友達と思いっきり遊ぶこと。
なんでも話してみること。
好きな人に、素直に好きっていうこと。
恥ずかしがって、感情を隠さないこと。
台所にたって、季節の食材で料理をしてみること。

なんていっぱいある。自分を大切にすること。
そんな中でも、あなたはあなたが食べたもの作られてる「you are what you eat」って言葉がいつも私の胸に刺さってくるんです。

そのたびに、自分で選んで食べて生きたい。自分で台所にたって、まずは簡単なものから作ってみようって思うの。冷蔵庫の中にあるもので十分。ありのままで、シンプルに食べよう、生きよう。

人生も輝き出すような、小さなダイヤモンドはもしかしたら、お米の粒かもしれないって真剣に思ってます(笑)

自分を大切にする、そんなテーブルから、大切な人へと横に横に広げていこう。

今日も、一日お疲れ様。
よくがんばりました。

たまには、自分で自分をハグして深呼吸してあげよう。ちなみに、私は毎朝してます(笑)

今の時代、人に人にって意識がいってるけど。大切なものやことってすべて自分から。

DSC06805

本日もお読みいただきありがとうございました。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加