手が荒れるのは仕方がないことだと思っていました・・・・「人よりたくさんお水を使うからこそ循環させる」という思い。
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
[:ja]

手が荒れるのは仕方がないことだと思っていました

”手が荒れるのは仕方がないこと”だとずっと思っていました。

料理教室のお仕事は人よりたくさんのお水を使います。
「手が荒れて当たり前」だと思い込んでいたのですが、こんなに荒れ続けるのは不自然じゃないのかな?
スタッフの手を見て考え始めました。

飲食店で働いていた時代、家事をする回数が多くなった今、そして料理教室という
仕事上、手がガサガサ、切れる、荒れるそしてクリームを塗るの繰り返し「通って当たり前」だと思っていたのです。

仕事が終わったらクリームを塗るの繰り返しを
スタッフと共に“当たり前”の行為だと思っていたところに
ふと疑問が・・・湧いてきました。

ずっと手が荒れるのは、一体何が原因なの?

洗剤って一体どんなもの?石鹸ってどんなもの?

石鹸の歴史
石けんの起源は約1万年前。人間が火を使うようになって、獣肉を焼いて食べることを始めました。その際、獣肉からしたたり落ちる油と木の灰が反応した土が、汚れを落とす土として発見されたのが石けんのはじまりと言われています。

天然素材だけを使った昔ながらの石けんは、その長い歴史が、人や環境へのやさしさを証明しています。

 

第一次世界大戦中、ドイツは石けんの原料である油脂が欠乏し、石けん製造ができなくなりました。そこで開発されたのが、石油を原料とした合成洗剤です。日本では、1937年(昭和12年)に、ウール用中性洗剤として初めて市販されています。その後、第二次世界大戦後にアメリカの石油資本の生産増大、電気洗濯機の普及、アメリカ及びヨーロッパの硬水地区における石けんの欠点(石けんカス)などで、急速に合成洗剤が洗浄剤の主流に代わっていきました。アメリカでは1952年、日本では1963年に、合成洗剤の使用量が石けんの使用量を上回りました。合成洗剤の日本での本格的な歴史は約60年と、まだ短いものです。一方この60年で様々な環境問題や健康被害が取りざたされるようになりました。   

食べものラベルを見るけど、洗剤のラベルはみてなかった

直接口に入るものだから、一体何でできてるのか?
気になって後ろのラベルを見る癖がつきましたが、洗剤のラベルはみてなかった。

毎日のように洗い物をしてくれるスタッフの手荒れ
子供の肌に毎日触れる服を洗うもの

毎日の暮らしの中で使うものってどんなもの?
気になって独自に調べてみるとわからない横文字だらけだった。

健康な体とキレイな水を守るという理念

料理をしていると、どうしても
「水が汚れること」は避けては通れません。

そして油汚れをさっと落としたいから
高濃度の洗剤で洗う毎日、そして手が荒れる。
手の常在菌も一緒に流れ落ち、外敵から守るものがないむき出し状態に。

同じ洗うでも、もっと環境や人に優しいのはないのかなぁ?

そんなとき、アムリタ食堂でお世話になっていた時のグリストラップ(飲食店の浄化槽です)を掃除していた時にEM(EMとは、人間や環境に役立つ「善玉菌」(乳酸菌や酵母)などの集合体のことです。 )を活用し浄化作業をしていたのを思い出して、そこから調べ、無添加石鹸のシャボン玉石けんにたどり着きました。

とことん無添加にこだわり、天然の保湿成分がたっぷり入った石鹸を使ってみようと思います。

健康な体があってこその人生、そしてキレイな水があってこその食

人より水を汚してしまう職種だからこそ
キレイな水と、スタッフの手荒れしない環境を考えていこうと思います。

循環する石けん

石けんは、排水として海や川に流れ出ると、短期間で大部分が水と二酸化炭素に生分解されます。石けんカスも環境中に流れますが、微生物や魚のエサとなります。石けんは、生分解性に優れ、環境にもやさしい洗浄剤といえます。

 

 

山口飲食の手洗い・洗剤を人にも環境にも優しいものに変えてみます

人よりたくさんのお水や洗剤を使う私たちだからこそ、人にも自然にも優しいものを選択していかないと。
その一環で、洗剤や石鹸をより人、自然、地域の微生物にも優しいものに変えてみました。
手が荒れて悩んでいる私たちですが、シャボン玉石鹸でどうなるのか見守りたいと思います。

山口飲食の手洗い・洗剤を人にも環境にも優しいものに変えて
私たち自身も実際に使い、実験してみます。

教室に来られた際は、ぜひ洗い上がりのツッパリ感の有無も感じてみてくださいね。

人に優しいものは自然にも優しい
健康な体とキレイな水を守る シャボン玉石けん
https://www.shabon.com/

[:]
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加