ほっと一息からだもこころもゆるめるスープ時間 vol.127 「冷える身体におすすめ、かぼちゃの豆乳トマトポタージュ」
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
[:ja]みなさまこんばんは
発酵おうちごはん®︎料理教室 山口飲食のレシピブログスタッフのどんぐりと山猫 吉岡春菜です。

7週に渡り、ほっと一息からだもこころもゆるめるスープ時間をテーマにお届けいたします。

第3弾の今回は、私自身毎年悩んでいる「冷え性対策」をテーマにしたレシピをお届けします。

第一弾、「シンプルが贅沢、丸ごと煮込むだけの白菜と豚肉の塩麹スープ」はこちらから

第二弾、「根菜たっぷりミルクスープ」はこちらから

冷える身体におすすめ、かぼちゃの豆乳トマトポタージュ

 

材料(4人前)

  • かぼちゃ(種とワタと皮をのぞく)・・300g(約1/4カットくらい)
  • 玉ねぎ・・1個
  • ローリエ・・1枚
  • にんにく(すりおろし)・・1/2片
  • バター・・10g

(調味料)

  • 無調整豆乳・・1カップ(200ml)
  • ホールトマト缶・・1缶(400ml)
  • 水・・1カップ(200ml)
  • 甘酒・・大さじ2
  • 塩麹・・大さじ3
  • 黒胡椒・・少々

作り方

1.かぼちゃを5mmくらいの厚さに薄切りにし、玉ねぎも薄切りにします。
2.お鍋にバター入れ、溶かし、にんにくを炒め、香りがたってきたら玉ねぎ加え炒める。
3.玉ねぎの色が透き通ってきたら、かぼちゃを加える。ある程度火が通ったら、水を加え蓋をし、弱火で4〜5分ほど煮ます(かぼちゃに火が通ればOKです)
4.ホールトマト缶、無調整豆乳、ローリエを加え、沸騰する直前まで弱火でさらに煮込みます。
5.一度火を止めてローリエを取り除き、ハンドブレンダーまたはミキサーで撹拌します。
(ゴロゴロがお好きな方は撹拌しなくてもOKです)
6.火を弱火にかけ、甘酒と塩麹を加え、仕上げに黒胡椒で味を整えて完成です。(麹のつぶが気になる場合5の手順の時に一緒にミキサーで回すと滑らかな食感に仕上がります)

本日のレシピ担当

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

. . 日曜のゆっくり朝ごはんを食べる贅沢 おはようございます◎ 2日目のポタージュは さらに旨味が凝縮されておりました。。 自家製発酵調味料の塩麹と甘酒だけで味を整えているシンプルな味付けが本当に美味しい〜体にしみる。 細胞が喜んでるのを感じます、!! 今日は家族で初のコストコへ行ってきます🏃‍♂️ ワークショップでつかう物品 良いのが見つかるといいなぁ〜、! 皆さまも素敵な日曜日を○ _________________ 出汁ワークショップのご予約もまだまだ受け付けております。詳細はお葉書ブログまで ( @donguri_yamaneko ) WS第2弾 【オリジナル自家製出汁パックを作る会】 ◦12月22日(土) 18:00-20:00(約2時間) ◦参加費:4,000円(発酵まかないプレート付き)※当日現金支払い ◦会 場: @cuezakka 徳島県徳島市昭和町7丁目1-2 ◦定 員:各回先着6名様まで限定  ◦持ち物:エプロン、筆記用具、ふきん ①お名前②人数③電話番号をご記入の上、メール(donguri.yamanashi@gmail.com)または @donguri_yamaneko のDMにてお申し込みください。

どんぐりと山猫さん(@donguri_yamaneko)がシェアした投稿 –

どんぐりと山猫店主 吉岡春菜  詳しいプロフィールはこちら→プロフィール 

「冷え性に負けない身体をつくる」

毎年の冬のテーマです。笑
冷え性で悩んでいる女性って私だけじゃないはず。。

靴下を2枚履きしたり、厚手の洋服を着たり、カイロをいたるところに貼ってみたり。。
色々と対策はしていますが、体の不調で悩んだ時は、やっぱり基本の「食べる」ことに立ち返るのが1番だと最近さらに感じています。

今回メインの食材で使用している、冬野菜の「かぼちゃ」

「冬至に食べると病気にならんけんなぁ」とおばあちゃんによく言われていました。
かぼちゃはとにかく栄養価の高い野菜。特に豊富なのが、免疫力を高めるカロテンやビタミン類!
中でもビタミンEにはホルモン調整機能があるため、肩こりの改善や冷え性対策にも抜群なんです。

人のからだは季節の食と深く結ばれています。

季節の変わり目で毒を出し、巡らせ、滞りなく循環するようにと、旬のものをいただくことで、私たちのからだがこの季節を乗り越え、次の季節を迎える準備をするためにもとても大切なことなのです。

冷え性の改善と聞くと、どうしても外側から温めることに向きがちですが、同じように内側から温める事もできる!!そう知っているだけで今年の冬の寒さが少し怖くないような気がします。

『最近、身体が冷えるな〜!』と思った時は、このポタージュを味方に、一番身近な「食べる」ことからこの冬を乗り越えていきませんか?まずは冷え性対策から一緒にはじめていきましょう♩[:]

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加