ほっと一息からだもこころもゆるめるスープ時間 vol.130 「魚介の旨味たっぷり和風ブイヤベース」
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
[:ja]みなさまこんばんは。発酵おうちごはん@料理教室 山口飲食レシピブログスタッフ香世です。7週に渡り、ほっと一息からだもこころもゆるめるスープ時間をテーマに毎週木曜20時にお届けいたします。

第6弾の今回は「身体と心を潤して元気になる」をテーマにレシピをお届けいたします。

第一弾、「シンプルが贅沢、丸ごと煮込むだけの白菜と豚肉の塩麹スープ」はこちらから

第二弾、「根菜たっぷりミルクスープ」はこちらから

第三弾、「冷える身体におすすめ、かぼちゃの豆乳トマトポタージュ」はこちらから

第四弾、「ほうれん草たっぷり、ソーセージの豆乳スープ」はこちらから

第五弾、「冬野菜でからだポカポカ発酵スープ」はこちらから

魚介の旨味たっぷり和風ブイヤベース

材料(4人前)

  • 蕪 くし形8つ
  • 殻付き海老4尾
  • 牡蠣4つ
  • 蕪の葉 少々

(調味料)

  • 出汁700cc
  • 酒150cc
  • 塩麹 小さじ1
  • 白味噌 80g
  • 醤油麹 小さじ1
  • みりん 小さじ1
  • 塩少々

下ごしらえ

  1. 海老の口先と目を切り落とし、背中に切り込みを入れる。竹串で背わたを取り、水洗いをする。(海老はむき海老でも大丈夫ですが、殻付きの海老のほうがとてもいい出汁がとれます。)
  2. 牡蠣は片栗粉と酒少々(分量外)でもみ洗いし、キッチンペーパーなどで水気を拭き取る。
  3. 蕪の葉は仕上げ用に、さっと茹で水気を切っておく。

作り方

  1. 蕪は茎の部分を2㎝残して葉を切り落とす。皮を厚めにむいて4等分のくし型に切り、水気を拭き取る。
  2. お鍋に、海老と牡蠣と酒を合わせ強火にかける。沸騰したら優しく炒り、海老の色が変わり、牡蠣がふっくらしたら取り出す。(酒煎りする事で臭みがとれ、魚介のいい出汁がとれます)
  3. 2の鍋にみりんと出汁、蕪を加える。再び沸騰したら、灰汁をとりながら弱中火で約6分加熱する。仕上げに白味噌をとき、醤油麹(今回はペーストにしています)を加え、塩でお好みの味に仕上げる。
  4. 椀に蕪、海老、牡蠣を盛り、出汁をはる。蕪の茎を散らして完成。

本日のレシピ担当

 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

野菜の旬と特徴を覚えれば自然と料理も美味しくなって、作るのも楽しくなってくる♡ 今からが旬な大根 丸々食べよ 根の部分は消化酵素やビタミンcが豊富なので、おろしで食べるのがオススメです♡葉の部分もカロテン、ビタミンc、カルシウム、食物繊維が豊富なので、炒めたり お味噌汁に入れたりして食べれます😊 しみしみ大根の煮物🤤 きのこ色々醤油麹炊き込み キャベツの玉ねぎ醤油麹がけ 自家製味噌汁 発酵阿波番茶 ん〜食欲が止まらない❤️ #発酵おうちごはん #発酵#醤油麹 #麹#煮物#炊き込みご飯 #おうちごはん #山口飲食 #味噌汁 #食卓 #食育 #朝ご飯 #japanesefood #vegetables #washoku #koji ♡

香旬⭐️発酵料理教室さん(@kajyun_cooking)がシェアした投稿 –


発酵おうちごはん®︎料理教室 山口飲食レシピブログスタッフ 香世
詳しいプロフィールはこちらから→プロフィール

年末にかけてだんだんと忙しくなるこの時期ですが、『美味しくて身体にいいもの』を食べたい気持ちは変わりません!!そこで体調や季節の変化に合わせて、旬の食材をたっぷり使い、簡単に食材の栄養を余すことなく食べられるのがスープの魅力。そこで今回は、家に集まる機会が多い年末年始に、凝った料理はできないけど、あたたかいスープだけは手作りしてクリスマス、お正月にも活用できる白味噌仕立てのスープをご紹介。

今回の食材、海老、牡蠣、蕪の旬は、まさに冬。旬の食材は、美味しさはもちろん栄養価も高まりますし、これからどんどん寒くなり、身体が縮こまって血の巡りが悪くなってきますが、血流を改善してくれるオススメの食材になります。また牡蠣は、イライラやストレスを取り除いて心身ともに元気にしてくれるので、忙しい年末年始の心の潤いにもオススメです。笑

『発酵おうちごはん』は毎日食べる料理で元気になるためのもの。そのベースに有るのは家族の健康を願う気持ちだと思います。何も考えないで料理を作るよりも、身体のことを少し考え、ちょっとした一手間と見せ方が美味しさに繋がり、作る人の想いが食べる人へと届く。愛情をかけて作ると、その何倍も美味しくなる気がします^^ぜひ大切な人と大切な時間にひと手間を楽しんで作ってみてくださいね〜!

 

 

[:]
Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on pinterest
関連記事
最新記事
アーカイブ
友だち追加